【童貞を最短で捨てる人の特徴とは?】海の見える地元で、作業会&バーベキューをしました

The following two tabs change content below.
神楽

神楽

親友4人にいじめられゲーム依存症になった自分でも童貞を捨てることができた話を書籍にまとめたら、
Amazon Kindle「恋愛」カテゴリーで1位に。 どうせなら、正しく童貞を捨てれる人を増やしたいということで、1位獲得記念プレゼントキャンペーン中!

書籍の詳細はこちら

どうも、神楽です。

先日、僕の地元に4人の方と合宿を行いました。

今回は恋愛関係の合宿じゃなくて、ビジネスを徹底的に伸ばすために精鋭メンバーたちが集まりました。

そこで集まった方たちが、最短で結果を出すために重要な「ある特徴」を持っておられて、

そのスタンスが恋愛で悩んでいる方の参考にもなると思ったので、今回はその話をしていこうかなと思います。

最短で童貞卒業する人の特徴

最短で童貞卒業する人の特徴は、

結論から言って、

チャンスを逃さない姿勢

です。

今回、合宿に参加してくれたのは、僕のコミュニティメンバーの方たちでしたが、

急遽、1週間前に、

「僕の地元で合宿をやりませんか?」

というメッセージを4人に送ったんですね。

それぞれの方が、大学生の方だったり社会人の方だったり、忙しいし、県も違うし、

なかなかの無茶振りな提案だったんですが、

4人中4人が、2つ返事で、

「行きますっ!」

とメッセージをくれて、飛行機や新幹線の手配をされて、地元まで来てくれました。

いきなりだったので、早割とか取れなかったはずだし、それなりの出費になることはわかっていたはずです。

だけど、速攻で行きます!

と、嫌な顔1つせずに
(ネット上だったから顔は見えないんだけど)

言ってくれたんです。

この姿勢って

彼女を作って童貞卒業することに限らず、目標達成する上で、欠かせない要素で、

チャンスがあれば、何がなんでも、もぎ取る姿勢って超絶大切になってくるんですよね。

だって、同じ状況だったとしても、

おそらく多くの人は、急な誘いだから

「すみませんがその日は予定があるので、またの機会にさせていただきます」

って、言うはずなんですよ。

少し無理すれば参加できそうだけど、いろいろ急だし、そこまでするのは辞めておこうかな、

みたいな。

机に座って淡々と勉強することももちろん大事だし、それすらしていない人は、ちゃんと学ぶ必要がありますが、

先に進んでいる人から直接学ぶことで、これまで悩んでいたことが、拍子抜けするくらい簡単に解決していくことって多々あるわけです。

それこそ、1ヶ月、2ヶ月、つまづいていたことが、5分、10分のアドバイスをするだけで、サクッと道筋が見えてきて解決することはザラです。

だから、このチャンスが巡ってきた時に、

いかに逃げずに、面倒臭がらずに向き合って、そのチャンスをもぎ取れるかが、

そこが、自分の運命を変えられるかどうかの鍵になるわけです。

目の前に転がるチャンスを何がなんでももぎ取る姿勢

多くの人が、灯台下暗しで、

意外と足元にチャンスが転がっていたりするのに、余裕でスルーしたりしています。

たとえば、

彼女を作って童貞卒業するために必要な知識が目の前にあるとして、

それを手に入れたら、少しでも童貞卒業に近づけるチャンスがあると何となくわかっているのに、

(いや、ここでお金を使うのはちょっと勿体ないな・・・)

みたいな感じで、

目先の何に使うかもわかっていないお金を守ったりして、

結局、あーだこーだ考えた挙げ句に、見送ってしまうとか。

それが今の自分に必要だと直感でわかっていても、いろんな葛藤や不安に飲み込まれて、

行動しないという一番不耗な選択をしてしまう人がほとんどです。

体感的に世の中の98%くらいの人がそんな感じで、目標や夢をただの妄想で終わらせてしまっています。

そんななか、目先の損得とか面倒臭さとか、そういうのをグダグダ考えずに、

脊髄反射で「YES」と言える人は、イチイチ葛藤して足踏みしている人よりも、行動が早いので、人よりも抜きん出た結果を叩き出すことができます。

トライアンドエラーの数も半端ないので、経験値がどんどん溜まり、それが爆発して吹き出したときには、チャンスを掴めなかった人と天と地ほどの差ができてしまうんです。

実際に僕自身もですね、

恋愛で悩んでいる時に、恩師の通信講座や懇親会に、少し葛藤こそしましたが、勇気を出して参加したし、36万円したコミュニティにも飛び込みました。

そのときに、

(あー、どうしよう・・・。怖いな、お金が結構かかるな・・・)

(でも、ここで足踏みしていたら一生この現実から抜け出せないから飛び込んでしまえっ!) 

(っていうか、失敗しても失うのはちょっとのお金とチンケなプライドだけじゃん)

こういう心の声が襲ってきましたが、

そんなものは

「うるさいっ!」

と言わんばかりにガン無視して、えいやの気持ちで飛び込み続けてきました。

そしたら、気が付いたころに、

彼女を作って童貞卒業できていたし、最高のパートナーシップを築けていたし、念願の独立起業を果たすことができたんですね。

僕は、ありがたいことに人から羨ましがられるような結果を手にしていますが、

その理由を、一言で言うなら、

目の前のチャンスを死んでも離さずにもぎ取って来たからだと断言できます。

チャンスを手にして、モテる経営者の方から、会話術(コミュニケーション)を筆頭に、成功するために必要な知識・経験を学んできたからです。

もしあの時に、いろいろとグダグダ考えて、行動しない選択をしていたら、

確実にいまも童貞だし、工場勤務で愚痴を言いながら、腐った目で働いていたでしょう。

それなので、

自分が叶えたい目標をなかなか達成できない人は、チャンスが目の前にあると何となくわかっているのに、言い訳して逃げてしまっている可能性が高いです。

今、この瞬間に行動すれば、未来が良い方向に変わって何となくわかっているに、心の不安や葛藤に負けてしまって、5年後も10年後も同じような環境で右往左往しているんですね。

だからもし、1年前と現実がちっとも変わってないなーって思われている方は、

行動することから、チャンスを掴むことから、逃げている可能性が高いってことです。

あ、あと、副産物として、

そんな感じでガンガン飛び込んで、積極的にインプット・アウトプットしてくれる人は、発信する側として目に留まりやすいので、何かと特別扱いしてもらいやすいですよね。

スパッと行動して、その人の情報をインプット・アウトプットする。

学校・会社とかで応用するとしたら、先輩がお勧めしたモノをすぐに試して報告する、みたいな。

こういうのを繰り返していると、必ず目に留まってまたチャンスが巡ってくるんです。

そして、それを絶対に掴んで離さない、と。

とにかくですね、

直感で、

(これはチャンスかもしれない・・・)
(ここで動いたら大きなモノを得られそう・・・)

という場面に遭遇したら、

あーだこーだ考えずに飛び込める人が強いよって話でした。

もしそれで失敗しても失うのはチンケなプライドだけです。

命まで取られることはないです。

それなら、そんなノイズはガンガン粗大ゴミに捨てていって、チャレンジしまくれば良いんです。

その積み重ねが、自分の成りたい理想像だと思うんですよね。

だから、僕はこれからも、どんどんチャレンジしていって、理想の自分を体現していきたいし、

僕に対してそうやって飛び込んでくれる人に対して、全力で応えたいなってことを、今回の合宿で改めて感じさせられました。

おまけ

写真係は彼女です。

みんなで黙々と作業をしています。

こんな感じで絶好のロケーションで合宿しました。

海が超キレイ。

当日は生憎の雨だったんですが、参加してくれた人の中に、超絶晴れ男がいたので、なぜか、みるみる雨が上がって光が差し込むという、リアル天気の子がいました。

男性ですけど。

バーベキューの様子。

晴れ男が火起こしもしてくれています。

同じ志を持っている仲間たちと将来のことを語りながらワイワイやるバーベキューは格別でしたね。

あと、火を起こすの難しいです。

焼肉屋すげーってなります。

バーベキューしたら、再び、部屋でみんなで作業したり、アドバイスしたり。

充実した時間になりましたね。

よく学び、よく遊び、将来のことを語らい合う最高の仲間をどんどん築けていけたら、

人生ってめちゃくちゃ充実するなあって感じました。

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は社会人になってからたくさんの女性とベッドインしましたが、

今では女遊びを卒業して、大好きな彼女と幸せに過ごすことができています。

もとから女性にモテていたわけではありません。

親友4人にいじめられて自殺しかけるし、そのせいでゲーム依存症になったこともあります。

そんな僕でも男としての魅力を磨く方法を知って、少しの間だけ恋愛と真剣に向き合ったら、あっさり童貞を捨てることができました。

童貞卒業の過程で

  • コミュニケーション能力が磨かれること
  • リーダーシップ能力が身につくこと
  • 場の空気を読む力が発達したこと
  • 相手の欲しいものを察すること
  • チャレンジ精神が旺盛になること
  • 自信が満々で自分が好きになること

学校では、なかなか磨くことができないものを学ぶことができました。

その経験から、どんなに低スペックでデキソコナイな人間だったとしても、勉強して正しく成長すれば誰でも童貞を捨てられると確信しています。

そういった思いから、僕がどのように童貞と向き合い、童貞を捨てるために何をしたのか、その経験や体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの「恋愛」カテゴリーで1位になれたので、メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、20分程度でサクッと読める内容なので、

もし興味があれば読んでみてください。

→電子書籍「童貞卒業したら人生すべて上手くいく」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。