おはようメールやlineは返信が来ないし、既読無視されるよって話

The following two tabs change content below.
神楽

神楽

親友4人にいじめられゲーム依存症になった自分でも童貞を捨てることができた話を書籍にまとめたら、
Amazon Kindle「恋愛」カテゴリーで1位に。 どうせなら、正しく童貞を捨てれる人を増やしたいということで、1位獲得記念プレゼントキャンペーン中!

書籍の詳細はこちら

 

どうも、神楽です。

 

あなたはおはようメールや

おやすみlineってわかりますか?

 

好きな女性とメールやlineで

朝や夜に「おやすみ」「おはよう」

などとやり取りする事を言いますが

 

あなたも現在進行形で

そういうやり取りを

してしまっているかもしれませんね。

 

もしそうなら僕はあなたに

レッドカード寄りの

イエローカードを渡したいんですが(苦笑)

 

今回はおはよう(おやすみ)

メールやlineは返信が来ないし

既読無視されるよっていう話をするので

 

あなたに心当たりがあるなら

返信が来ない理由をお話しするので

今すぐ止めるようにしましょう。

 

それだけで余計な失敗や

後悔をしなくなりますよ。

 

という事で、さっそく始めていきます。

 

 

おはようメールやlineは返信が来ないし、既読無視されるよって話

 

あまり引っ張ってもあれなんで

いきなり結論から言いますが

 

おはよう(おやすみ)メールやlineが

返信が来ない&既読無視される理由は

 

あなたと相手の女性の

好意に大きな温度差があるからです。

 

違う言い方をするなら

彼氏でもない男からそう言う連絡をされると

女性は戸惑ってしまうって事です。

 

  • 次の日もまだ送って来るよ・・・
  • ちょっと朝は忙しいんだけどなあ
  • どんだけ私とやり取りしたいんだ
  • 気持ちが悪いなあ・・・

 

このような心理状態になるんですね。

 

あなたは相手の女性が好き。

相手はあなたの事を普通だと思っている。

 

こういう状況で彼氏がするような

これらの連絡を取ってしまうと

女性にとって重たいモノになるんですね。

 

このブログで

おなじみの言い方や表現をするなら

 

相手の女性の好意レベルと

あなたの好意とのギャップが大きいから

女性のとって大きな負担になるんです。

参考:女性の好意レベルの概念を知らないと童貞卒業は無理って話

 

もっと言うと

 

たとえ返信があったり

既読無視をされなかったとしても

これらのやり取りをする必要がありません。

 

多くの男は

メールやlineでやり取りする事で

 

相手の女性との距離を縮める事ができる

またはやり取りしないと

忘れられてしまうと思い込んでいますが

 

実際のところ

そんな事はありません。

 

それは全くの嘘で

むしろそういう余裕のない

気持ちでやり取りをすればするほど

 

相手の女性を

「この人私の事が好きなのかな?」

と警戒させてしまいます。

 

用事だけのやり取りや

相談事を聞く時のやり取りならまだしも

おはよう(おやすみ)という

朝から焼肉並みの重たい連絡を取ると

 

「あなたの事が気になっていますよー」

と言っているようなモノなんですね。

 

だから相手の女性は

面倒な事が起こってしまう前に

 

返信をわざとしなかったり

既読無視をしたりして

あなたには脈がありませんよー

って、伝えているんです。

 

なので相手の女性が

あなたに好意がある場合を除いて

あからさまに好意を示す必要は

1ミリも1ミクロンもないんですね。

 

もうこれは口を酸っぱくして

何度も何度も言いたいですが

 

相手の女性と

距離を縮められる(と、思い込んでいる)

メールやlineのやり取りって

大抵相手を引かせて警戒させているので

そういうアプローチからは卒業しましょう。

 

メールやlineでやり取りするよりも

10倍も20倍も大切な事は山ほどあります。

 

この事を脳に刷り込みましょう。

 

もう1度冷静になって考えてみよう

 

それでですね

 

あなたに冷静になって考えてほしいのは

 

あなたの目的は何ですか?

って、事です。

 

あなたの目的は好きな女性と

メールやlineをする事ですか?

 

違いますよね?

 

好きな女性におはようや

おやすみって伝える事ですか?

 

それも違いますよね?

 

あなたの目的は

好きな女性と付き合う事だと思います。

 

アイドルのように

指を加えて眺めるような

そんな関係を望んではいないハズです。

 

それなら付き合うために

するべき事は何でしょうか?

 

僕はデートをして

相手の女性との好意を

積み重ねる必要があると思います。

 

じゃあ、あなたに必要な事って

おはようメールやおやすみlineをして

相手の女性と繋がった気になる事ではなくて

 

  • どうすれば付き合えるのか?
  • どういうデートをすれば良いのか?
  • どうすればデートに誘えるのか?
  • どうすれば当たり前のように話せるのか?

 

この辺を考えないといけないんですね。

 

こういう風に建設的に考えると

いかにおはようメールや

おやすみlineに拘り、連絡し続けるのが

無駄なのかがわかりますよね?

 

そんなくだらない事で

女性の好意を下げている場合ではないんです。

 

あなたに狙った女性を

口説くスキルが無いのなら

もっと1通1通のやり取りや

1回1回の会話を計画的にやるべきです。

 

相手の女性の好意レベルが低いうちは

トランプタワーを組み立てるように

慎重にミスをしないように

アプローチするべきなんです。

 

おはようメールとか

たとえるならトランプタワーに

息を吹きかけているようなモノですよ?(笑)

 

おやすみlineとか

テーブルに振動を加えているようなモノです。

 

もっともっとトランプタワーを

完成させるためのアプローチが

あるんじゃないかって言いたいんですね。

 

まとめ

 

はい、いかかでしたか?

 

今回の話を聞いて

くだらないやり取りや無意味なやり取りが

自分の首を絞めているかがわかりましたか?

 

メールやlineなんて

好意レベルが高くなったり付き合ったりすれば

嫌になるほどできるので

 

今はグッと我慢してするべき事をしましょう。

 

何から手を付けて良いのか

全然わからないよ、って場合は

スターターキット的な記事もあります。

参考:30歳魔法使いの男が童貞を卒業する為の具体的な行動3つ!

 

とにかく僕があなたに言いたいのは

今回のようなしょーもない

やり取りをしている場合じゃない!

 

来るべきデートなどに備えて

もっとパワーアップしておいた方が良いよ!

 

って事が言いたかったので

少しでも伝わっていると嬉しいです。

 

本当にメールやlineで

何とかしようとするクセがあるのなら

その思考から抜け出さないと

いつまで経っても彼女が作れず

童貞が卒業できないので気を付けましょう。

 

というより、世の中の大半の男が

 

メールやlineで

仲良くなれると思い込んでいるので

無駄なやり取りを無くすだけでも

ライバルとの差を付ける事ができますよ。

 

という事で、今回の話はこれで終わりにします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

神楽

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は社会人になってからたくさんの女性とベッドインしましたが、

今では女遊びを卒業して、大好きな彼女と幸せに過ごすことができています。

もとから女性にモテていたわけではありません。

親友4人にいじめられて自殺しかけるし、そのせいでゲーム依存症になったこともあります。

そんな僕でも男としての魅力を磨く方法を知って、少しの間だけ恋愛と真剣に向き合ったら、あっさり童貞を捨てることができました。

童貞卒業の過程で

  • コミュニケーション能力が磨かれること
  • リーダーシップ能力が身につくこと
  • 場の空気を読む力が発達したこと
  • 相手の欲しいものを察すること
  • チャレンジ精神が旺盛になること
  • 自信が満々で自分が好きになること

学校では、なかなか磨くことができないものを学ぶことができました。

その経験から、どんなに低スペックでデキソコナイな人間だったとしても、勉強して正しく成長すれば誰でも童貞を捨てられると確信しています。

そういった思いから、僕がどのように童貞と向き合い、童貞を捨てるために何をしたのか、その経験や体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの「恋愛」カテゴリーで1位になれたので、メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、20分程度でサクッと読める内容なので、

もし興味があれば読んでみてください。

→電子書籍「童貞卒業したら人生すべて上手くいく」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です