彼女と3年記念日を迎えて感じた、1人の子と向き合う大切さ

The following two tabs change content below.
神楽

神楽

親友4人にいじめられゲーム依存症になった自分でも童貞を捨てることができた話を書籍にまとめたら、
Amazon Kindle「恋愛」カテゴリーで1位に。 どうせなら、正しく童貞を捨てれる人を増やしたいということで、1位獲得記念プレゼントキャンペーン中!

書籍の詳細はこちら

どうも、神楽です。

2019年の2月18日に彼女と3年記念日を迎えました。

ここまで来るのにいろいろあったけど、

あらためて1人の彼女を大切にする方が、人生が充実するよって話をしていこうかなと思います。

神楽の暗黒期から脱するキッカケになった彼女

フレンチのコース料理を食べに行きました。

 

僕はもともとモテない人種で、

中学高校と好きだった子をほかのクラスの男子に取られているし、工場で働いてからもモテない日々が続いていました。

自己流でネットの無料情報をかき集めては女子に試しては嫌われたり、既読無視されたりと、不耗な毎日を繰り返していたんですね。

極めつけは、社会人1年目のときで、先輩女性をからかいまくって全員に嫌われたこともあります。

会社の女性を仕事中にからかったらそうなるだろうということも、小手先のテクニックを使いことで頭がいっぱいだったので気が付きませんでした。

会社で居場所がなくなって、

ようやく自己流でやるのはダメなんだ、ちゃんと恋愛が得意な人から学んだ方が良いんだってことに気が付きました。

学んでからは紆余曲折ありましたが、

少しずつ結果が出るようになり、20歳の時に童貞卒業することができます。

 

そこで僕はモテなかった時期が長くて、調子に乗ってしまったのと、もともと僕の理想がたくさんの女性からモテて抱きまくることだと思っていたので、

片っ端から女性とベッドインします。

僕の中での暗黒期ですね。

10代〜40代、

  • マッチングアプリで出会った子
  • トレーニングジムのスタッフ(人妻)
  • バレーボールくらいある巨乳女性とセフレ
  • 高校時代の後輩
  • 看護師の卵や看護師
  • ピチピチの女子大生

などなど

片っ端から見境なく手を出してきました。

僕自身、いじめとかゲーム依存症とか、自分で言うのもあれですが、いろいろと不憫な思いをしてきたので、

それらの過去を消し去りたいって思いもありました。

昔の僕に、

「今の俺はこんなにモテているんだぞ」

って、アピールしたかったんだと思います。

だけど、抱いても抱いても、僕の心はちっとも満たされなかったです。

  • いじめられた過去
  • ゲーム依存症だった過去
  • 親に見捨てられた過去
  • モテなくて自信がなかった過去

こういうことって

今までの女性に言ってこなかったというよりも、

絶対に口が裂けても言いたくなかったので、女性との関係がすごい薄っぺらかったです。

薄っぺらいし、なんか便宜上の付き合いだったので、決して深い関係にはなれていなかったんですね。

そのタイミングで今の彼女と付き合うことになりますが、彼女には悪意というものがありません。

育ってきた環境の影響が強いと思うんですが、一緒にいてすごく安心する子です。

彼女の優しやさ包容力に影響を受けて、ある日、僕がダメダメだった過去のすべてをぶっちゃけたことがあるんです。

正直、引かれるのかなって思っていたんですが、「辛かったね・・・」って受け止めてくれて、

そこから僕は

(あぁ、こういう関係を望んでいたんだな)

って、感じたんですね。

もちろん、男だから複数の女性と関係を持ちたい気持ちはわかります。

だけど、一通り遊び終わったら、いつまでもフラフラするのではなく、1人の彼女を大切にすることにシフトした方が人生は充実します。

経験人数や付き合った人数がやたら増えても、そこにはあまり価値がないですから。

ある程度の経験をしたら、僕は1人の彼女と向き合うことが重要だと思っています。

僕の活動をちゃんと知ってくれている彼女

ちなみに彼女は僕の活動を知っています。

こうやって彼女が作りたいって人や、童貞卒業したいって人にアドバイスをしていることや

このブログ自体の存在も知っています。

知った上で僕を受け止めてくれて、応援してくれています。(もちろんこの記事やプロフィールに書かれている暗黒期の内容も知っています)

それに来月、メルマガ読者さんと懇親会をするんですが、そこにゲストとして彼女も参加します。

彼女自身も楽しみだって言ってました。

たぶん、恋愛系の情報を発信している人たちで、彼女や奥さんに仕事内容を言っている人っていないから(バレたらいろいろな意味でヤバいから)

そういう意味で、僕と彼女はストレスのない理想の関係を築けていると思っているし、

僕が複数の女性とベッドインするよりも、1人の彼女を大切にしているという、情報発信している何よりも証明になるのかなと。

余談ですけど、恋愛の情報発信している人でここがネックになっている人が多いです。

言うに言えないっていうのもなかなか辛いと思いますね。

僕を尊敬してくれて独立彼女にチャレンジしている彼女

あと、彼女も独立起業にチャレンジしています。

彼女は3年もの間、ずっと僕の背中を見てきました。

正確言うと、1年越えたあたりからですが、僕がずっと独立起業したいって言ってたのを彼女は知っています。

そして、本当に僕がそれを実現させたから、彼女自身も僕と一緒な夢を追いかけたいということで、ビジネスにチャレンジしました。

この記事を書いているのは、記念日の2月18ですが、2月の終わりに彼女は会社を退職して本格的にチャレンジしていきます。

いま、僕が彼女のビジネスをいろいろと見ているんですが、この分だと3ヶ月もしないうちに結果が跳ねるなあって思って見守っています。

彼女は僕の言ったことを2つ返事で素直に取り組んでくれているからですね。

ビジネスに限らず、肉体改造だろうが、恋愛だろうが、童貞卒業だろうが、

やっぱり素直に言うことを聞ける人の伸び代ってハンパないなって思った瞬間です。

自己流でやってたら、何倍も時間がかかっているハズです。

来年には彼女も完全に自由になっていて、

県外や海外、好きな場所や好きな食べ物を心ゆくまで一緒に楽しみまくるという夢が実現しそうです。

そうなると、もっと深い関係が築けるんじゃないかな。

月並みなんですけど、

2人で一緒に夢に向かって進むのは楽しくて、すごく充実してます。

もし、僕が複数の女性ルートを歩んでいたら

絶対に今のような関係は築けていません。断言できます。

複数の女性と薄っぺらい関係を築いていたんだろうなって思います。

もちろん、共通の夢に向かうこともないし、このブログの存在も言えるわけがないし、女性が独立起業を目指すこともなかったでしょう。

週に複数の女性とのスケジュールを組んで、会って、飯食って、セックスするだけ。

僕の方もどこか満たされていなかっただろうし、彼女の方も遊ばれている感覚が抜けなかったと思います。

そんな感じで、薄っぺらい関係になっていたんだろうなって思います。

恋愛系の情報発信している人って、何人の女性を抱いたとか自慢げに言っている人が多いし、

僕よりもモテる情報発信者ってたくさん居ると思うけど、

彼女との関係性を深めることにおいては、絶対に負けていない自信がありますね。

複数の女性を抱きまくって広く浅い関係を築くのか、1人の女性を大切にして狭く深い関係を築くのか

どっちが良いのかは人に寄るのかなって思うんだけど、僕は両方経験してみて後者の方がしっくりきているなって感じです。

それに、どこかのタイミングで落ち着く必要があるとも思いますしね。

あと、何人もおもちゃのように女性を抱きまくる人は、裏で女性を悲しませていることに気付いた方が良いです。

これから彼女を作りたいって思っている人、童貞卒業したいって思っている人は、

どっちのルートでも良いんだけど、女性をリスペクトする心だけは忘れないでほしいなって思います。

おまけ

コース料理たちです。

オードブル(前菜)

スープ

魚料理

メイン

デザート

全部めちゃうまでした。

店内も落ち着いた雰囲気で、最高でしたね。

また行きたいです。

 

食べた後はボーリングしました。

お互いに悲しいくらい下手くそですが、徐々にスコアが伸びてきています。

今のところ僕が勝ち越していますが、勝ち越していますってセリフが出てくるくらい僕は下手くそです(苦笑)

スペアを取った後にガーターとか普通に出すからねw

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は社会人になってからたくさんの女性とベッドインしましたが、

今では女遊びを卒業して、大好きな彼女と幸せに過ごすことができています。

もとから女性にモテていたわけではありません。

親友4人にいじめられて自殺しかけるし、そのせいでゲーム依存症になったこともあります。

そんな僕でも男としての魅力を磨く方法を知って、少しの間だけ恋愛と真剣に向き合ったら、あっさり童貞を捨てることができました。

童貞卒業の過程で

  • コミュニケーション能力が磨かれること
  • リーダーシップ能力が身につくこと
  • 場の空気を読む力が発達したこと
  • 相手の欲しいものを察すること
  • チャレンジ精神が旺盛になること
  • 自信が満々で自分が好きになること

学校では、なかなか磨くことができないものを学ぶことができました。

その経験から、どんなに低スペックでデキソコナイな人間だったとしても、勉強して正しく成長すれば誰でも童貞を捨てられると確信しています。

そういった思いから、僕がどのように童貞と向き合い、童貞を捨てるために何をしたのか、その経験や体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの「恋愛」カテゴリーで1位になれたので、メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、20分程度でサクッと読める内容なので、

もし興味があれば読んでみてください。

→電子書籍「童貞卒業したら人生すべて上手くいく」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。