人生は課金ゲーム。主人公の自分を強化しまくる大切さ

The following two tabs change content below.
神楽

神楽

親友4人にいじめられゲーム依存症になった自分でも童貞を捨てることができた話を書籍にまとめたら、
Amazon Kindle「恋愛」カテゴリーで1位に。 どうせなら、正しく童貞を捨てれる人を増やしたいということで、1位獲得記念プレゼントキャンペーン中!

書籍の詳細はこちら

どうも、神楽です。

人生って課金ゲームだなって思ってて、

快適にサクサクプレイするなら、自分を強化しまくるのが手っ取り早いんですよね。

人生の主人公は自分=課金すれば強くなる

ソシャゲってやってますか?

僕は逆転オセロニアとかやっていたんですけど、

有名なところで言うと、

パズドラ

モンスト

オセロニア

このあたりは誰もが名前くらいは聞いたことがあると思います。

あれらのソシャゲにはスタミナとかガチャを引く要素があって、

基本的に課金すればするほど有利になるんですよね。

課金すれば、

スタミナが回復できるから、イベントのチャレンジ回数が増えるし、

ガチャも連続で引けるから、強いキャラを当てるチャンスが増えることになります。

僕は人生も基本的には一緒だと思っていて、

自分が直面している悩みや問題は課金することで、スムーズに解決することができます。

特に「情報」に投資するのってめちゃくちゃ大事で、情報を得ることによって人間の行動力は爆発的に上がるんですね。

基本的に、人が行動できなかったり、モチベーションが尽きてしまう最大の理由って

知らないから

なんです。

知らないから、本能が「危ないから行動すんな」って命令を下すんです。

情報がない状態で突っ走るのは

たとえるなら、

真っ暗闇のトンネルを全力疾走しようとするようなもので、その状態で走り抜けるのは不可能に近いです。

ってか、怖くてやりたくありませんよね。

だけど、情報に投資することによって真っ暗闇だったトンネルに明かりが灯って、全力疾走ができるようになります。

僕はたくさんの女性に既読無視され、嫌われ、振られて、惨めな思いをしたあたりで、

(あぁ、自己流って遠回りでしかないんだな・・・)

って、気付くことができました。

必要以上に無駄な失敗をして、女性から嫌われていたのは、

ただ単に、情報が足りなくて、真っ暗闇のトンネルを突っ走ろうとしていたからです。

そのことに気付いて、情報に投資するようにしたら、

真っ暗闇のトンネルに明かりが灯って、思い切った行動ができるようになったんですね。

ほんとのことを言えば、

高校の時からその重要性に気付いていれば、当時好きだった子と付き合えていただろうから、もっと早くから情報に投資したかったです。

高校の時の僕は好きな子に間接キスされたくらいで喜んでいて、慢心していたら隣のクラスの男子に取られました。

そういう苦い経験があるからこそ、今では投資マインドを意識していますが、

恋愛に投資した額だけでも100万以上、ビジネスに関しては500万くらいはしていると思います。

もし、情報に投資することをせずに、その辺の無料情報でちまちまやっていたら、

彼女と最高の関係を築いていて、工場を辞めて独立起業している、今の僕は絶対に存在していないと断言できます。

っていうか、そもそも童貞のままだったと思いますね。

情報に投資したことによって、

間違っていないと確信しながら進むことができたので、めちゃくちゃ快適でストレスも少なかったです。

課金は自分を強くし、行動のトリガーを入れる

情報に課金すると自分がレベルアップして、サクサク快適に人生をプレイすることができます。

課金してから、もう1つ気付いたことがあって、

それが、

お金を使うと人の行動力って爆発的に上がるってことです。

ライザップっていう肉体改造のサービスがあるんですが、あれの成功率が異常に高いのは

高いお金を支払っているからです。

30万とか40万のお金を支払うから、人は元を取りたいという心理が働いて、ガンガン行動するようになるんですね。

もし、あれが無料のサービスだったら、達成率はほぼゼロになるでしょう。

ようするに、人って痛みを伴わないと本能上、行動できないので、そういう意味でも課金するのは大切です。

僕自身、何百万と自分に課金してきましたが、その度にちゃんとやらなきゃ!元を回収しなきゃ!というブーストがかかりました。

もし、これらの情報が無料で落っこちていたとしても、100%行動できていなかったと思います。

単純な話、

100円の神級の情報と

10万のゴミ級の情報と

どっちが真剣に学ぶのか?って話です。

実際に財布からお金を取り出すのをイメージしたら分かるのですが、

100円玉1つでは、いくら神級の情報でも、人間はなかなか行動しないんですね。

自分の人生の主人公は自分だという自覚を持つ

自分に課金する意識を持つには、

やっぱり人生の主人公は自分なんだと自覚することから始まると思っています。

じゃないと、情報に投資こと自体に抵抗を感じるはずです。

昔の僕はこの主人公マインドがゴッソリ抜け落ちていて、めちゃくちゃケチでした。

お金を持っているクセに、自分を強化する視点がちっともなくて、

冷静に考えて、今抱えている悩みが情報投資することによって、解決するなら、課金するべきだと思うんですが、

それを「勿体ない」と感じていたんですね。

人生の主人公は自分なんだという自覚が足りてませんでした。

だけど、モテる経営者の方と出会って、こんな人になりたいって思った瞬間から、自分にガンガン投資するようになりました。

ゲームとかそういうのにお金使っていたんですけど、

自分自身に課金するようになって、人生をイージーモードにサクサク快適にプレイすることの方を選びました。

ゲームっていくら強くても現実に反映されないし、

自慢したとしても、本物のリア充の前では虚しいってことも薄々気付いていましたからね。

僕の人生は、まだまだ続いていくから、課題にぶつかるたびに、さっさと課金してクリアしていきたいですね。

一度きりの人生だから、迷って足を止めているのが勿体無いです。

人生を快適にストレスなくプレイするために、これからも課金していきたいですね。

余談ですが、恋愛のスキルに課金すると、周りの人間関係も良くなります。

たとえば、会話スキルとか学ぶと、会社の上司に好かれることもできるようになるので、出世が早くなったりします。

自分をレベル上げすると、結果的に収入が増えたりするので、お金をもっと稼ぎたいって意味でも情報投資はお勧めです。

今の時代、AIが発達してるので、同じようなことができるロボット人間にはあまり価値がないです。

自分を磨いてレベルを上げていって、人間しかできないような人材が重宝されるってことですね。

完全に余談でしたが、

僕は僕自身の人生をロボットに取られるのは悲しすぎると思っているので、そういう意味でも課金し続けたいと思っています。

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は社会人になってからたくさんの女性とベッドインしましたが、

今では女遊びを卒業して、大好きな彼女と幸せに過ごすことができています。

もとから女性にモテていたわけではありません。

親友4人にいじめられて自殺しかけるし、そのせいでゲーム依存症になったこともあります。

そんな僕でも男としての魅力を磨く方法を知って、少しの間だけ恋愛と真剣に向き合ったら、あっさり童貞を捨てることができました。

童貞卒業の過程で

  • コミュニケーション能力が磨かれること
  • リーダーシップ能力が身につくこと
  • 場の空気を読む力が発達したこと
  • 相手の欲しいものを察すること
  • チャレンジ精神が旺盛になること
  • 自信が満々で自分が好きになること

学校では、なかなか磨くことができないものを学ぶことができました。

その経験から、どんなに低スペックでデキソコナイな人間だったとしても、勉強して正しく成長すれば誰でも童貞を捨てられると確信しています。

そういった思いから、僕がどのように童貞と向き合い、童貞を捨てるために何をしたのか、その経験や体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの「恋愛」カテゴリーで1位になれたので、メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、20分程度でサクッと読める内容なので、

もし興味があれば読んでみてください。

→電子書籍「童貞卒業したら人生すべて上手くいく」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。