成功者ほど死ぬほど失敗を積み重ねている事実

The following two tabs change content below.
神楽

神楽

親友4人にいじめられゲーム依存症になった自分でも童貞を捨てることができた話を書籍にまとめたら、
Amazon Kindle「恋愛」カテゴリーで1位に。 どうせなら、正しく童貞を捨てれる人を増やしたいということで、1位獲得記念プレゼントキャンペーン中!

書籍の詳細はこちら

どうも、神楽です。

彼女を作って童貞卒業するには、魅力的な男になることが最短ルートだし、そうすれば彼女との関係も上手くいくし、ずっとモテる秘訣になるんですが、

僕自身も、魅力的な男に進化・成長するために、いろんな魅力的な人と会うようにしていました。

主にモテる経営者の方がメインなんですが、ずっとストーカーのように観察しまくってわかったことがあります。

成功者ほど失敗回数がダントツに多い

ということですね。

成功者って華やかに見えるじゃないですか?

成功者でも、モテる人でも、芸能人でもなんでも良いんですけど、

一般的に憧れの対象である彼らは、すごく順風満帆なイメージがあると思うし、

実際に、僕もそういうものだと思っていました。

だけど、近くで接していればいるほど、そうじゃなかったんだと気づかされました。

彼らはチャレンジの回数が半端なくて、その上で成功しているだけだったんです。

たとえば、

成功する確率が100分の1だったとして

※成功の定義は自分の叶えたい目標を達成することとします

多くの一般の人と呼ばれる人たちは10回くらい行動して、それで上手くいかなくて諦めちゃうんですよね。

「あぁ、10回行動しても上手くいかなかった。やっぱり俺には才能がないんだ」

的な感じです。

だけど、成功者と呼ばれる人ってどうしているのかというと

単純に10000回行動しているだけなんですよね。

だから、確率的に成功回数が100回とかになるんです。

そして、多くのメディアでは、成功している回数だけが表面に上がってくることが多いから

一般人=成功回数0回

成功者=成功回数100回

みたいな図式が出来上がります。

それで多くの一般人が

「成功者は特別で才能があったんだ」

って、思ってしまうんですね。

でも、実際の裏側は

一般人=10回しか行動しなかった

成功者=10000回も行動していた

みたいな感じなので、

そりゃあ、確率的に多くのチャンスを掴むし、成功するだろうって感じです。

もちろん行動する回数が増えるほど、PDCAが回っていくので、どんどん成功確率が上がっていって、その差は顕著に現れます。

これらの話はあくまでもイメージですが、

成功者と呼ばれる人は華やかな成功話の裏側は、死ぬほど失敗を積み重ねているだけなんですね。

この話からわかること

1回や2回の行動で諦めるのは超絶もったい無いってことです。

特に恋愛とか、失敗が付きものです。

マッチングアプリを使っても、なかなかマッチングしないかもしれないし、メッセージが途中で途切れるかもしれないし、LINE交換できないかもしれないし、デートに行けないかもしれない。

だけど、たった数回のチャレンジで諦めるのってめちゃくちゃもったいなくて、

もっともっとガンガン行動して行けば、必ず活路を見いだすことができるんです。

もちろん、前提として正しい知識を知っていることが絶対条件だから、積極的に自己投資していかないとダメなんですが、

それをやっているなら、あとは何度もトライアンドエラーを繰り返す必要があるんです。

むかしの僕はいわゆる

1発で100点満点を狙おうとしていました。

学んだことを一撃で成果に繋げようとしていたんですね。

で、失敗して大きく凹むみたいなことを繰り返していました。

でも、それって自分に期待しすぎなんですよね。

今まで上手くいったことない人間がいきなり100%の確率で上手くいかせるのは、ちょっと無理があるんです。

その原因は100点目指して頑張りなさいっていう、日本の教育システムが悪かったりするんですが、

とにかく完璧主義を捨てることが、目標達成の第一歩だったりします。

週刊少年ジャンプで連載していた「暗殺教室」という、担任の先生を卒業までに殺さないといけない漫画で、

不良で問題児だった寺坂くんが、

一度や二度負けたぐらいでグレてんじゃねえ。いつか勝てりゃいーじゃねーかよ。タコ殺すにしたってな今殺れなくていい。100回失敗したっていい。3月までにたった1回殺せりゃ・・・そんだけで俺等の勝ちよ

って、言ってますが

ほんとそんな感じです。

既読無視されようが、デートでスマホいじられようが、ボディタッチをかわされようが、恥ずかしくて惨めな思いをしようが、

そこから反省して次に活かして、

最終的に彼女が作れて童貞卒業できれば勝ちなんですよ。

そのあとに、さらに魅力を磨いていけば、必ずいくつになっても女性に求められる男になることができるんです。

僕はモテる経営者の方のスタンスやマインドをストーキングして、この事実に気付いてからめちゃくちゃ気が楽になりました。

(あぁ、最後に勝てれば良いんだ・・・)

って。

だから、もしあなたが完璧主義になっている場合は、それをゴミ箱にポイすることが魅力的な男に生まれ変わる1歩だと思います。

前提として、正しい知識が必要ですが、それが揃っているなら、あとはチャレンジのみって感じですね。

僕や僕の周りで上手くいっている人は、

みんなこんな感じで

恋愛も、肉体改造も、ビジネスも、成功しています。

これは揺るぎない、万人の成功法則だと思いますね。

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は社会人になってからたくさんの女性とベッドインしましたが、

今では女遊びを卒業して、大好きな彼女と幸せに過ごすことができています。

もとから女性にモテていたわけではありません。

親友4人にいじめられて自殺しかけるし、そのせいでゲーム依存症になったこともあります。

そんな僕でも男としての魅力を磨く方法を知って、少しの間だけ恋愛と真剣に向き合ったら、あっさり童貞を捨てることができました。

童貞卒業の過程で

  • コミュニケーション能力が磨かれること
  • リーダーシップ能力が身につくこと
  • 場の空気を読む力が発達したこと
  • 相手の欲しいものを察すること
  • チャレンジ精神が旺盛になること
  • 自信が満々で自分が好きになること

学校では、なかなか磨くことができないものを学ぶことができました。

その経験から、どんなに低スペックでデキソコナイな人間だったとしても、勉強して正しく成長すれば誰でも童貞を捨てられると確信しています。

そういった思いから、僕がどのように童貞と向き合い、童貞を捨てるために何をしたのか、その経験や体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの「恋愛」カテゴリーで1位になれたので、メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、20分程度でサクッと読める内容なので、

もし興味があれば読んでみてください。

→電子書籍「童貞卒業したら人生すべて上手くいく」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。